優良住宅ローンのお客様特別相談室に電話しました!

優良住宅ローンに電話かけました

優良住宅ローンからのダイレクトメールに記載されていた個人情報以外にも、年収や勤務先情報などが漏洩した、という報道を聞き、いてもたってもいられなくなった管理人ひさし。

勇気を出してダイレクトメールに書いてあったお客様特別相談室電話してみることにしました。

フリーダイヤルだし、かけたもん勝ちです。

このお客様特別相談室、朝の9時半から夜の20時まで、土日祝日、年中無休OKとのこと。

サラリーマンのひさしにも優しい対応には感心です。

ピポパッ!

優良住宅ローンのお客様特別相談窓口

優良住宅ローンお客様特別相談室電話

優良住宅ローンとの電話のやり取り

以下、優良住宅ローンお客様特別相談室との電話のやり取りです。

録音していたわけではないので、ひさしの大体の記憶で書いています。

自動応答「この通話は通話品質向上のため録音されます。」

ひさしの心の声「(通話を記録すると言って脅すつもりだな、ひさしはひるまないぞ!おら!)」

オペレータ田中さん(仮称)「はい、優良住宅ローン お客様特別相談室でございます。」

ひさし「あのぉ、個人情報漏洩に関する手紙が家のポストに入っていて、伺いたいことがあって電話したんすけど。」

田中さん「この度はご迷惑をおかけして誠に申し訳ありません。お手元に弊社からお送りしたダイレクトメールはございますでしょうか?」

ひさし「もち、あります!」

田中さん「それでは、そのバーコードの横にある数字を教えて頂けますでしょうか?」

ひさし「ん?そんなバーコードとか書いてませんけど。」

田中さん「封筒の方に書いてあると思いますが・・・」

ひさし「え・・・、封筒とか必要と思わないから捨てちゃいましたけど。。手紙本文は持ってます。」

田中さん「今回は、あくまで情報が漏れた可能性がある方に対してお送りしておりますので、その番号をもってどういった情報が漏れたのか判別しているのですが・・・」

ひさし「そ、そう言われても、封筒が大事だと思わないし、手紙本文だけ抜いて捨てちゃいましたよ。」

ひさし「それなら封筒を捨てないでくださいとか、電話かける前に封筒記載の番号をご用意くださいとか書いておいてくれたらよかったじゃないですか!(ちょっと怒)」

田中さん「しょ、少々お待ちくださいませ。」

(ったくもー、、、と待たされること約1分)

田中さん「お待たせして申し訳ございません。9月に情報漏洩が発覚して、まだ調査が始まったところでございますので、まだ原因の特定には至っておりません。ですので、情報が漏れた可能性のある方すべてにご連絡させて頂いている状況でございます。今のところは、漏洩した情報が悪用された、というような情報は入ってきておりません。こちらからご案内しておりますのは、これまで口座から不正な出金があった、といったような情報は一切ございませんが、そういった出金がないか口座を注意してご確認くださいということです。また、身に覚えのない入金が行われるケースもあります。入出金がないかどうかご確認をお願い致します。お客様の方で身に覚えのない入出金があったというようなことがありましたら、こちらまでご連絡をお願いできますでしょうか。 」

ひさしの心の声「・・・(なんか一方的にしゃべりだしたぞ、さては、こっちの聞きたいこと無視して一方的にしゃべって片づけるつもりだな!)」

(・・・とここで、一方的にしゃべってしまったことに気付いたようです)

田中さん「・・・お客様のご用件はどういった内容でしたでしょうか?」

ひさし「あの、そちらからのダイレクトメールには、氏名や口座情報が漏れた、と書いてあるんですが、ネットとか見ると勤務先情報とか年収とかが漏れたって言っています。こんな情報も実は漏れちゃったんですか?」

田中さん「あぁーっ。」

(簡単な質問だと分かって一安心したようです)

田中さん「勤務先情報や年収は漏れた情報には含まれておりません。」

ひさし「あ、そうなんすか。じゃあ、ネットとかの情報が間違っているってことですね?」

田中さん「はい、勤務先情報も年収も、今回漏れた情報には含まれておりません。」

ひさし「そうなんですか、じゃあダイレクトメールの内容が正しくて、報道は間違っているってことでいいんですね?」

田中さん「はい、勤務先情報も年収も漏れていません。」

(報道機関の情報がどこからきたのかは知りませんが、ここまできっぱり否定されるとは。報道機関に訂正お願いしなくていいのか??)

ひさし「わかりました。あとは、詳細は調査中っていう話がありましたけど、また調査が進んで細かいことが分かってきたらダイレクトメールとかで連絡もらえるんですね?」

田中さん「はい、詳細が分かり次第、ホームページと今回のようなダイレクトメールでご連絡させていただきます。」

田中さん「最後に、お客様のお名前とご住所をお伺いできますか?」

ひさしの心の声「(えー。情報漏洩した会社に言いたくないなぁ。でもコソコソするのも好きじゃないから伝えとくか。)」

ひさし「○○ひさしです。住所は、茅ケ崎の○○です。」

田中さん「この度は申し訳ありませんでした。何か不正な入出金等の情報がありましたらここまでご連絡くださいませ。」

ひさし「オッケーっすー」

田中さん「それでは、どうもありがとうございました。失礼いたします。」

プーップーッ・・・

追加調査の結果に注目していきます

電話で聞き取った優良住宅ローン側の説明によれば、どうやら漏洩情報は口座番号や氏名、電話番号にとどまったようです。

年収や勤務先の漏れの可能性なないとのこと。

じゃあ報道は何だったんでしょ?

出所は優良住宅ローン本人だと思いますが。。。

初期の錯乱している頃の情報なのでしょうか。

とにかくほっとしました。

あたふたしても仕方がないので、しばらく優良住宅ローンからの追加情報を待つことにします。

ちなみに、この事件を受け、優良住宅ローンは住宅ローンの新規受付を停止しているとのこと。

最近借り入れ総額が1兆円を越した、と調子のいいことを言っていた矢先、ダメージは大きいでしょう。

自身もサラリーマンのひさしは、セキュリティ管理の甘さが会社に及ぼすダメージの大きさを改めて認識してガクガクブルブルするのでした。。

この件については、優良住宅ローンから追加の連絡があり次第またこのページでご紹介していきますので、お楽しみ?にー。

優良住宅ローンの個人情報漏洩

関連記事

inserted by FC2 system